パワプロぶろぐ

若月さん、入ってるよ

【パワプロ2020 再現選手パワナンバー】フィル・コーク(2017) オリックス・バファローズ

Phillip Douglas Coke(フィリップ・ダグラス・コーク 1982.7.19-)

ソノラ高等学校→サン・ホアキン・デルタ・カレッジ→ニューヨーク・ヤンキース (2008-2009)→デトロイト・タイガース (2010-2014)→シカゴ・カブス (2015)→トロント・ブルージェイズ (2015)→ランカスター・バーンストーマーズ (2016)→ニューヨーク・ヤンキース (2016)→ピッツバーグ・パイレーツ (2016)→オリックス・バファローズ (2017)


放送禁止用語投法


メジャー通算407登板を誇るタフネス左腕。

2016年オフにオリックス・バファローズと契約。
メジャーでは先述のように中継ぎとしての起用が大半で、先発は9年のキャリアでわずか15登板だけだったが、春季キャンプから先発として調整。ブルペンでは納得のいく球が投げられないとson of the bi○h!!と絶叫したり、オープン戦では巨人を5回ノーヒットに抑えるなど開幕前からいろいろと注目を集めた。

初登板初先発となる東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕カード第2戦は、2回2/3を5失点という内容で初勝利とはならなかった。
その後も好投と乱調を繰り返し、1度は中継ぎに配置転換された。

再び先発に戻ったが、5月13日の対埼玉西武ライオンズ戦で首の左側付近に違和感を訴えて3回途中で緊急降板。この試合でシーズン3敗目を喫し、試合後の検査で胸郭出口症候群を発症していることが判明したため、戦線離脱。そのままオフに自由契約となった。


f:id:rukchang:20210216230657j:plain
f:id:rukchang:20210216230707j:plain

査定について
対ピンチE…被打率.326、得点圏被打率.360
対左B…対右.382、対左.243
ノビF…ストレートの被打率.382

パワナンバー:10600 41401 17152


f:id:rukchang:20210216231918p:plain

【パワプロ2020 再現選手パワナンバー】青木高広(2014) 読売ジャイアンツ

青木高広(あおき たかひろ 1981.11.26-)

岐阜県立岐阜商業高等学校愛知大学日産自動車広島東洋カープ (2007-2013)→読売ジャイアンツ (2013-2015)


ペローン


2006年のドラフト会議で広島東洋カープから4位指名を受け入団。先発として期待されていたものの、結果を残せず中継ぎに転向。

2011年にはチーム最多の76登板を記録しブルペンの柱として活躍した。
2012年に練習中の怪我により左膝関節前十字靱帯および左膝半月板の修復手術を受け、シーズン中の復帰は絶望となった。

2013年4月28日に小野淳平とのトレードで読売ジャイアンツへ移籍。
移籍後は34試合に登板し防御率2.87、5勝を挙げた。
2014年は38試合に登板し、貴重な変速左腕として山口鉄也西村健太朗らと共にブルペンを支えた。


f:id:rukchang:20210212163528j:plain
f:id:rukchang:20210212163541j:plain

査定について
対ピンチC…被打率.259、得点圏被打率.224
対左C…対右.268、対左.250

パワナンバー:10300 11359 70406

【パワプロ2020 再現選手パワナンバー】大竹寛(2014) 読売ジャイアンツ

大竹寛(おおたけ かん1983.5.21-)

浦和学院高等学校広島東洋カープ (2002-2013)→読売ジャイアンツ (2014-)


ラーメン二郎


2013年オフにFA権を行使し、読売ジャイアンツに入団。
2014年はシーズン通算で中日から6勝を挙げ中日キラーとして活躍した。また、NPB史上15人目の全球団勝利も達成したが、9月初旬に肩を痛め離脱したため規定投球回には到達できなかった。



f:id:rukchang:20210128193913j:plain
f:id:rukchang:20210128193930j:plain

査定について
対ピンチE…被打率.258、得点圏被打率.293
対左B…対右.286、対左.223
スロースターター…先発時、初回に14失点

パワナンバー:10000 61315 04862



odaibako.net

【パワプロ2020 再現選手パワナンバー】山口鉄也(2014) 読売ジャイアンツ

山口鉄也(やまぐち てつや 1983.11.11-)

横浜市立横浜商業高等学校読売ジャイアンツ (2006-2018)


鉄腕


育成から這い上がった史上最強中継ぎ。2008年から2016年まで9年連続60試合登板というプロ野球記録を保持している。
2014年は60試合に登板し、史上初の通算200ホールドの偉業を達成した。



f:id:rukchang:20210124204531j:plain
f:id:rukchang:20210124204554j:plain

査定について
対ピンチB…被打率.290、得点圏被打率.206
対左B…対右.342、対左.237

パワナンバー:10700 01392 76597



odaibako.net

【パワプロ2020 再現選手パワナンバー】クリス・セドン(2014) 読売ジャイアンツ

Christopher Jon "Chris" Seddon(クリストファー・ジョン・セドン 1983.10.13-)

キャニオン高等学校→フロリダ・マーリンズ (2007)→シアトル・マリナーズ (2010)→クリーブランド・インディアンス (2012)→SKワイバーンズ (2013)→読売ジャイアンツ (2014)→Lamigoモンキーズ (2015)→SKワイバーンズ (2015-2016)→富邦ガーディアンズ (2017)


神盾


1シーズンだけ在籍した助っ人左腕。

2013年オフにジャイアンツに入団。
2014年4月9日の広島戦で初登板初先発、8回2/3を1失点に抑え来日初勝利をあげた。
この試合では15奪三振を記録し、NPBにおける初登板での奪三振プロ野球新記録を樹立、初登板毎回奪三振に至ってはプロ野球史上初の快挙だった。また、この15奪三振は2009年のスティーブン・ランドルフ(横浜ベイスターズ)に並ぶ外国人選手の1試合最多奪三振数となっている。

鮮烈なデビューを果たしその後も長身と独特のフォームを武器に好投を続けていたが5月に入ると豹変。まるで別人の様な投球を繰り返し、途中加入のフレデリク・セペダと入れ替わりで二軍に降格。そのままオフに自由契約となった。



f:id:rukchang:20210123195614j:plain
f:id:rukchang:20210123195637j:plain
f:id:rukchang:20210123195656j:plain

査定について
対ピンチE…被打率.293、得点圏被打率.321
対左E…対右.284、対左.316

パワナンバー:10300 41302 76675



odaibako.net

【パワプロ2020 再現選手パワナンバー】杉内俊哉(2014) 読売ジャイアンツ

杉内俊哉(すぎうち としや 1980.10.30-)

鹿児島実業高等学校三菱重工長崎福岡ソフトバンクホークス (2002-2011)→読売ジャイアンツ (2012-2018)


ブルガリア


2011年オフにFA権を行使し読売ジャイアンツに移籍。1年目となる2012年にはノーヒットノーランを達成。

2014年は5月30日に史上最速の2000奪三振を記録するなど好投を続け、移籍後3年連続となる2桁勝利を記録した。



f:id:rukchang:20210122064514j:plain
f:id:rukchang:20210122064616j:plain
f:id:rukchang:20210122064548j:plain

査定について
対ピンチB…被打率.246、得点圏被打率.184
対左B…対右.262、対左.206
軽い球…被本塁打率1.02

パワナンバー:10800 11302 76567



odaibako.net