パワプロぶろぐ

若月健矢を信じろ

【パワプロ2020 再現選手パワナンバー】坂口智隆(2009) オリックス・バファローズ

f:id:rukchang:20200713002654j:plain

坂口智隆(さかぐち ともたか 1984.7.7-)

神戸国際大学附属高等学校近鉄バファローズ (2003-2004)→オリックス・バファローズ (2005-2015)→東京ヤクルトスワローズ (2016-)


猛牛の切り込み隊長


2002年のドラフト会議で近鉄バファローズから1位指名を受け入団。2003年には1軍初出場初安打を記録する。
2005年からは分配ドラフトで入団2年目以内の選手への措置でオリックス・バファローズ所属となる。

2006年は二軍でプレー。2007年はオープン戦で結果を残し、コリンズ監督に絶賛されたことにより開幕1軍を掴み取る。
2008年も開幕1軍スタートとなる。3割近い打率を残し、守備でもゴールデングラブ賞を受賞。一方で早打ち故の三振の多さや左投手への弱さ、アベレージタイプにしては出塁率が低いなど課題も残った。

2009年は開幕直後から不調に苦しみ、一時は大村直之に1番を譲ることになる。その後徐々に調子を取り戻し、6月からは再び1番に。5月以降は7月以外常に打率3割を超え、リーグ2位となる打率.317を記録。守備でもリーグトップの14補殺を記録し、2年連続のゴールデングラブ賞に輝いた。


f:id:rukchang:20200713004606j:plain
f:id:rukchang:20200713004620j:plain

査定について
チャンスE得点圏打率.297
対左E…対右.327、対左.297
盗塁E…成功率.800(20-16)
三振…81三振

パワナンバー:10100 70034 17995

【パワプロ2020 再現選手パワナンバー】タフィ・ローズ(2009)オリックス・バファローズ

f:id:rukchang:20200711164132j:plain

Karl Derrick Rhodes(カール・デリック・ローズ1968.8.21-)

エスタンヒルズ高等学校→ヒューストン・アストロズ (1990-1993)→シカゴ・カブス (1993-1995)→ボストン・レッドソックス (1995)→近鉄バファローズ (1996 - 2003)→読売ジャイアンツ (2004-2005)→オリックス・バファローズ (2007-2009)→富山GRNサンダーバーズ (2015-2016)


帰ってきた伝説の助っ人


2005年オフに戦力外通告を受けアメリカに帰国。シンシナティ・レッズマイナー契約を結ぶもオープン戦で結果を残せず1度は引退を宣言。
しかし、2007年の春季キャンプでオリックスへの入団テストを受験。見事合格し、NPBに復帰。

2009年には4月26日の日本ハム戦で、榊原諒から史上12人目となる通算450本塁打を達成。しかし5月13日に死球を受け離脱。8月4日に復帰するが、規定打席に到達せず、日本でプレーした中で最低の成績となってしまった。


f:id:rukchang:20200712130844j:plain
f:id:rukchang:20200712130901j:plain

査定について
チャンスF得点圏打率.253
対左B…対右.286、対左3.60

パワターが絶望的に似ていないのでご自由にいじってください…

パワナンバー:10700 00031 86049

【パワプロ2020 再現選手パワナンバー】若月健矢(2020) オリックス・バファローズ

f:id:rukchang:20200711124102j:plain
若月健矢(わかつき けんや 1995.10.4-)

花咲徳栄高等学校オリックス・バファローズ(2014-)


ついに覚醒


2019年はリーグトップの盗塁阻止率.371を記録するも打率は.178と落ち込んだ。シーズンオフに後藤光尊コーチ指導のもと打撃を改善。
開幕前から打ちまくり覚醒の兆しを見せた。



査定について
チャンスE…得点圏打率.182
対左C…対右.235、対左.667 そもそもの打席数が少ないのでC
選球眼…多分良くなってる

パワナンバー:10900 70021 59793

【パワプロ2020 再現選手パワナンバー】日高剛(2009) オリックス・バファローズ

f:id:rukchang:20200709171818j:plain

日高剛(ひだか たけし 1977.8.15-)

九州国際大学付属高等学校オリックス・ブルーウェーブ(1996-2004)→オリックス・バファローズ (2005 - 2012)→阪神タイガース (2013 - 2014)


強打の名捕手


1995年のドラフト会議でオリックス・ブルーウェーブから3位指名を受け入団。1998年には中嶋聡のFA移籍、三輪隆の出場停止を受けて1軍に昇格。正捕手の座を勝ち取る。その後も確実性はないがパンチ力を武器に活躍。

分配ドラフトオリックス・バファローズに入団。
開幕戦でオリックス・バファローズとしてのチーム初安打を松坂大輔から放つ。的山との正捕手争いに勝つが、ここから打撃不振に陥る。
2006年オフにはFA宣言をするが残留。
2009年は開幕こそ好調だったが5月以降は打撃不振に陥り、7月には怪我で登録抹消される。8月23日に復帰するものの、打撃不振に加えて投壊の深刻な投手陣を支えきれず、チームは大きく負け越し最下位に沈む。また、日高自身も2000年からの100試合出場が途切れるなど選手会長としては不甲斐ない1年となってしまった。

f:id:rukchang:20200709173459j:plain
f:id:rukchang:20200709173514j:plain

査定について
対左E…対右.261、対左.232
盗塁F…成功率.333(3-1)
プルヒッター…5本のホームランは全てライト方向

パワナンバー:10700 60030 09604

【パワプロ2020 再現選手パワナンバー】鈴木郁洋(2009) オリックス・バファローズ

f:id:rukchang:20200709185614j:plain

鈴木郁洋 (すずき ふみひろ 1975.5.23-)

仙台育英学園高等学校東北福祉大学中日ドラゴンズ (1998 - 2002)→大阪近鉄バファローズ (2003 - 2004)→オリックス・バファローズ (2005 - 2012)


遅咲きの苦労人


中日時代は谷繁、近鉄時代は的山や藤井との正捕手争いに破れ2番手に甘んじていた。

分配ドラフトオリックス・バファローズに入団。
大石政権下では外野手5人体制を取ることが多かったため、緊急時の予備外野手として1軍に定着。実際2009年の5月1日に1度だけ外野手として出場している。
また、捕手にしては珍しい俊足を活かし代走要員として起用されることもしばしばあった。
2009年は正捕手日高剛の故障離脱に伴い正捕手に抜擢される。打率は.200と奮わなかったが、チーム2位の8盗塁をマーク。守備では4捕逸したものの、細身ながら体を張った魂のブロックで幾度もチームを救った。

f:id:rukchang:20200709150814j:plain
f:id:rukchang:20200709150835j:plain

査定について
対左C…対右.185、対左.229
盗塁C…成功率.800(10-8) 代走要員だしこれくらい盛っても許される
ケガしにくさCコリジョン適用前のホームでの魂のブロック、あの細身で助っ人のタックルに負けないんだからBでも良かった

パワナンバー:10300 30070 04759